ネットワークカメラ

ネットワークカメラ

ネットワークカメラ

このページは「遠隔地の様子が把握できるネットワークカメラ 」の情報コンテンツです。
ネットワークカメラ > 遠隔地の様子が把握できるネットワークカメラ

豆知識

遠隔地の様子が把握できるネットワークカメラ

インターネットの普及とカメラやコンピューターの進化によって、ネットワークを利用したビデオカメラの機能は驚くほど進歩しています。高画質な画像を撮ることができ、遠隔地からのリモートアクセスも可能になってきています。

ネットワークカメラとは

ネットワークカメラは、カメラとコンピューターを組み合わせたものでIPカメラとも呼ばれます。ネットワークカメラは、レンズ、画像センサー、プロセッサ、それからメモリによって構成されています。プロセッサによって、画像処理やネットワーク処理が行われ、メモリは、画像の一時的な保存などに使用されます。ネットワークカメラはコンピューターと同じように固有のIPアドレスを割り当てることができます。IPアドレスを割り当てることで、ネットワークに直接接続でき、ネットワークさえあればどこでも設置することができるようになります。

ネットワークカメラとWebカメラの違い

ネットワークカメラはIPアドレスを割り当てることができ、これがWebカメラとの大きな違いになります。WebカメラはUSBなどでコンピューターに接続して、さらにコンピューターにソフトウェアをインストールすることではじめて動作しますが、ネットワークカメラは単体で画像処理やネットワークとの接続が行えます。映像を見るために、パソコンを利用しますが、動画を撮影して送る、という機能については、パソコンの力を使用する必要がありません。

いろいろな場所で利用されるネットワークカメラ

ネットワークカメラは、主に防犯上の目的とライブ映像を遠隔地でも見られるようにするために利用されています。利用している業界はさまざまで、万引き防止や店舗管理の効率化を目的としている小売業界。学校や幼稚園でも、いたずらの防止や子供や職員の安全のため、子供の様子を親に見てもらうため、などで利用されています。そのほか、マンションや駐車場、ペットショップや観光地など多くの場所でネットワークカメラは活躍しています。

ネットワークカメラ 激安通販
ExecutionTime: 468 msec / Memory: 7.6 MB