ネットワークカメラ

ネットワークカメラ

ネットワークカメラ

このページは「建設現場で利用されるネットワークカメラ 」の情報コンテンツです。
ネットワークカメラ > 建設現場で利用されるネットワークカメラ

豆知識

建設現場で利用されるネットワークカメラ

ネットワークカメラは公共事業などの建設現場でも利用されています。工事現場においても、IT化による業務の効率化が求められています。

業務の効率化のが求められる建設業界

建設業界においては、公共事業が減少し、景気もなかなか上向かないため、業務効率化が求められています。これまで複数の人間で行っていた作業を一人で行わざるを得なくなったり、一人が担当する現場の数が増加するなど、監督員が一つの建設現場にいる時間は、どうしても短くなっています。ネットワークカメラを利用することにより、事務所や他の場所にいるときでも、インターネットに接続することさえできれば、カメラの映像で建設現場の状況を把握することができます。

ネットワークカメラの利用目的

建設現場でのネットワークカメラの利用目的は、発注者や監督員の目の補完と言えます。

品質管理

決められた材料が用いられているか、構造上の形状・寸法および機能が仕様・基準を満たしているか、などを確認することができます。特に配筋など、工事竣工後では施工内容を確認することが難しいものは、どうしても工事に立ち会うことができない場合、ネットワークカメラを利用して確認・指示等を行うことができます。複数の工事を担当している監督員も、カメラと携帯電話などの通話手段を利用することで、事務所等の遠隔地でも施工品質の確認・指示が行えます。

安全管理

建設現場での事故は絶対に避けなければいけません。事故が起きれば、発注者にとっても建設従事者にとってもその影響は計り知れません。作業員が作業に適した服装をしているか、交通誘導員の配置は適切か、安全ネットの設置は適切か、など安全面での確認は欠かせません。多忙な監督員にとっては、ネットワークカメラにより、現場のチェックができ、時間を有効に利用することができます。

休日等の建設現場の状況確認

休日等、建設現場が休みの時に、建設現場内に第三者が無許可で進入していないか、また、風雨等によって被害が生じていないか、遠隔地からでも工事現場の状況を把握することができます。

情報公開・イメージアップとしての活用

情報公開法の施行により、公共事業については、周辺住民・納税者等に対して「開かれた工事」であることが求められています。ネットワークカメラの画像・映像をインターネットで公開することにより、工事の進捗、施工内容等の公開を行うことができます。これにより建設現場のイメージアップにつなげることができます。

ネットワークカメラ 激安通販
ExecutionTime: 144 msec / Memory: 7.6 MB