ネットワークカメラ

ネットワークカメラ

ネットワークカメラ

このページは「カメラ設置時の注意点 」の情報コンテンツです。
ネットワークカメラ > カメラ設置時の注意点

豆知識

ネットワークカメラ設置時の注意点

もっともよい状態で監視やライブ映像を見るためには、ネットワークカメラを正しい状態で設置する必要があります。カメラ設置時の注意点をご紹介しましょう。

目的に応じて適切な場所に設置する

特定のエリア内に含まれる人や物など全体の動きを監視する場合は、ズームレンズは必要ないでしょうし、全体が把握できるような場所にネットワークカメラを設置する必要があります。また、人や対象となる物を正確に識別するためには、それらを判別する必要な解像度やズーム機能を持ったカメラを摂津する必要があり、設置場所も目標がよく認識できる場所に設置する必要があります。目的に応じて、カメラに必要な機能、設置場所を検討することが大切です。

光に注意して設置する

光が少なく、暗い状況では、カメラの役割が果たせません。十分な光を確保するために、必要に応じて光源を追加しなければいけません。簡単な方法としては、屋内でも屋外であっても強い光量をもつ照明をしようすることです。また、屋外に設置する場合は、光の位置にも注意が必要です、光が強すぎると映像が真っ白になって、何も見えなくなってしまいます。できれば順光、カメラの後ろから日差しが差し込むように設置すると、きれいに映し出すことができます。どうしても逆光、カメラに正面に太陽があるような状態での撮影となる場合は、逆光に耐えうる機能をもったレンズを装備したネットワークカメラを利用する必要があります。

法律を守って使用しましょう

ビデオや音声を利用した監視は、法律によって禁止されている場合があります。たとえば、公共の場所を監視を行う場合には、免許や事前の登録が必要になる場合があります。また、監視していることを示す標識が必要になったり、ビデオ録画の保存期間について、規制している場合もあります。ネットワークを利用したカメラを使用する場合は、法律をきちんと確認するようにしましょう。

ネットワークカメラ 激安通販
ExecutionTime: 214 msec / Memory: 7.6 MB